私たち、一般社団法人日本ガーデンセラピー協会は「ガーデンセラピー」を学術的なヘルスケア療法として体系化し、すべての人々が「健康寿命」を享受できる社会を実現します。

ニュース

<< ニュース&レポート一覧へ戻る
公開日:2016年9月28日(水)  セミナー開催告知

当イベントは終了いたしました。
多数のご来場、ありがとうございました。

一般社団法人 日本ガーデンセラピー協会
第1回専門セミナー「ガーデンセラピーとは?」開催決定
2016年11月16日(水)15:00開演


フォト


当協会主催第2回専門セミナーを2017年11月16日(水)に開催します。参加費は法人会員の方が3,000円、 その他、一般の方は5,000円となっています。ご参加のお申込は専用申込用紙をダウンロードして頂き、 必要事項を記入の上、当協会事務局までFAXにて送信してください。なお、参加希望者数が会場席数に達した場合は、 その時点で参加受付を中止する場合がございますので、改めてご了承ください。

■ 開催概要

タイトル:
第1回専門セミナー「ガーデンセラピーとは?」
主催:
一般社団法人 日本ガーデンセラピー協会
開催日:
2016年11月16日(水)
開催時間:
受付14:20〜14:50 開演15:00 終了17:30
定員:
100名
会場:
TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル9階
<会場アクセス案内 (会場ホームページ) >
参加費:
法人会員 3,000円 その他・一般の方 5,000円
※当日受付にて徴収させて頂きます。
対象:
ガーデンセラピーに興味をお持ちの皆様向け(定員100名)

■ セミナープログラム

15:00 - 15:20
主催挨拶/ガーデンセラピーの基本的な考えと国内外の事例紹介
<登壇>当協会理事長 高岡 伸夫
15:20 - 16:10
講演1「住宅や庭における植物の癒やす役割」
<講師>岩崎 寛(いわさき ひろし) 
千葉大学大学院園芸研究科 緑地環境学コース 環境健康学領域
准教授・農学博士
16:10 - 16:25
休憩
16:25 - 16:55
講演2「住まいの健康に役立つ緑の活用方法とその効果」
<講師>飯島 健太郎(いいじま けんたろう)
東京都市大学 環境創生学科 教授・農学博士
16:55 - 17:30
パネルディスカッション:「健康寿命を延ばす住宅と住まい方」
<登壇>モデレータ:高岡 伸夫
パネリスト:岩崎 寛、飯島 健太郎

■ 参加申込方法

ご参加希望の方は、申込書(PDFダウンロード)をプリントアウトの上、必要事項をご記入の上、FAXもしくはメール添付にてお申込お願いいたします。定員に達した場合、お断りさせて頂く場合もございます。
※送信先メールアドレス:reception@garden-therapy.org

■ 講師プロフィール

岩崎 寛

岩崎 寛(いわさき ゆたか) 
千葉大学大学院園芸学研究科准教授・園芸療法士

<主な経歴>

京都市出身。京都府立大学農学部を卒業後、岡山大学大学院自然科学研究科に進学。
博士号取得後、日本学術振興会特別研究員となり岡山大学に勤務。その後、姫路工業大学(現:兵庫県立大学)に異動し、兵庫県立淡路景観園芸学校の教員も兼務する。
2005年より千葉大学園芸学部に勤務。2007年より現在まで園芸学研究科環境健康学領域長。2012年より千葉大学看護学研究科災害看護学グローバルリーダー養成プログラムの教員も兼務。 専門は緑地福祉学、人間植物関係学、環境健康学。人と植物とのより良い関係について、緑地や植物からの視点だけでなく、医学、薬学、看護学など様々な視点から研究を進めている。 具体的には、園芸療法やアロマセラピー、森林療法など「緑の療法的効果」に関する研究と、それらを実践する場である病院などの「医療福祉機関における緑のあり方」に関する研究を主なテーマとしている。いずれのテーマも生理的側面や心理的側面からの実験、調査を進めることにより、エビデンスに基づく効果検証を実践している。
園芸療法学会理事、人間・植物関係学会理事、日本緑化工学会理事、専門認定登録園芸療法士(日本園芸療法学会)、気候療法士(ドイツ)。

飯島 健太郎

飯島 健太郎(いいじま けんたろう) 
東京都市大学総合研究所教授・環境学部併任教授

<主な経歴>

1969年横浜市生まれ。東京農業大学農学部卒業、同大学院農学研究科修了。博士(農学)、東京農業大学地域環境科学部副手。桐蔭横浜大学工学部・医用工学部専任講師・准教授を経て現職。
専門は造園学、環境植栽学、公衆衛生学、都市緑化用植物の生理・生態、緑地空間のもたらす環境調節効用、緑地空間のグリーンインフラ機能植物による人の癒し効用、高齢者に対する園芸療法の効用に関する研究に携わっている。

<受賞・表彰>
●大日本農会賞(1992年3月)
●日本造園学会賞・研究奨励賞(2003年5月)
●道路緑化保全協会菊池奨励賞(2008年5月)
●日本造園学会賞/研究論文部門(2011年5月)
日本アロマ環境協会賞/東鉄工業・JR東日本・桐蔭横浜大学飯島研究室(2013年1月)
造園大賞(2014年5月)

<著書>
『新しい都市緑化・ガーデニング材料/多肉植物』(ソフトサイエンス社)
『サボテン大好き』(講談社)
『サボテンライフ』(山海堂)
『多肉植物の名前400がよくわかる図鑑』(主婦と生活社)など

ダウンロードボタン
PDFファイル(約700KB)
申込用紙はこのPDFファイル3枚目になります。

ページトップに戻る